マンションに関する基礎知識や事例

マンションには多数の区分所有者が居住しており、そこで生じる法的なトラブルにも様々なものがあります。
マンションの管理は管理組合(理事会)が行いますが、構成員が法的な知識を持っていない場合も多く、適正な運営やトラブルへの適切な対応に悩む場面が少なくありません。
例えば管理費用の滞納ひとつをとっても、期間が長引けば滞納額が大きくなり、深刻な問題に発展しかねません。
また、居住者の高齢化に伴い、管理組合(理事会)の負担も増す傾向にあります。
そのため、弁護士のサポート受け、マンション管理組合や理事会の運営や法的なトラブルへの対応の適切さを担保することが望ましいといえます。

中野すずらん法律事務所は、マンション契約に関する法律問題について幅広くご相談を承っております。
マンション契約に関する問題でお悩みの方は、中野すずらん法律事務所までお気軽にご相談ください。

よく検索されるキーワードKEYWORD