中野すずらん法律事務所 > マンション > 管理組合運営支援

管理組合運営支援

マンションには、多数の区分所有者が存在するため、管理組合(理事会)の努力にもかかわらず、トラブル発生が避けられないことがあります。マンション管理組合(理事会)の負担は増大しており、居住者の高齢化が進めば、さらに負担が大きくなります。

 

マンション管理組合の運営については、弁護士のサポートを受けるのがおすすめです。ここでは、弁護士のサポートを受けることにどのようなメリットがあるのかを見ていきます。

 

■理事長・役員の負担軽減
弁護士が管理組合(理事会)の運営をサポートすれば、普段の運営から負担が減るでしょう。また、通常マンションの管理組合の理事長・役員は輪番制であるため、同じ弁護士から継続的にサポートを受けることで、安定的な運営が可能になるとともに、組合員全員の負担を軽減することにもつながります。

 

■組合員(住民)からの信頼獲得
管理組合から示された提案や決定に対して、住民の間に素朴な疑問や不安感が生じることがあります。これに対して、管理組合側も、その疑問や不安に対して法的な根拠を持って明確に回答することが困難な場合もあります。
一方、弁護士の法的なアドバイスを踏まえてされた決定であることが組合員に伝えられれば、そのような疑問や不安感を払拭し、信頼を獲得した上で、スムーズな意思決定が可能となります。

 

■法的なトラブルの予防
普段から弁護士が管理組合の運営に関与していれば、法的なリスクを考慮した運営が可能になります。そのため、法的なトラブルを事前に予防することが可能となるでしょう。たとえば、管理組合が締結する大規模修繕工事の契約内容について法的なアドバイスを受けたり、共用スペースの利用規約を作成したりして、後の紛争を予防することが可能となります。

 

■実際にトラブルが起きた場合の適切な対応
実際に法的なトラブルが発生してしまった場合は、あらかじめ事情を把握している弁護士が関与することで、迅速かつ適切な解決が期待できます。

 

中野すずらん法律事務所では、マンション管理組合運営のご相談を承っております。
中野区、杉並区、練馬区、西東京市を中心として、東京、埼玉、神奈川、千葉の相続、労働問題、離婚、不動産、交通事故、借金の問題を取り扱っております。相談者様に寄り添い、親身になって対応させていただきます。お困りの際はぜひ当事務所にご連絡ください。

よく検索されるキーワードKEYWORD