家族に関する基礎知識や事例

離婚や遺産をめぐる争いなど家族・親族間のトラブルは、もっとも身近で、だからこそ悩みやストレスも大きくなりがちです。
中野すずらん法律事務所は、家族に関する法律問題について幅広くご相談を承っております。依頼者のお気持ちやご希望をよく踏まえたうえで、個々のケースに即した法的な解決を目指します。お気軽にご相談ください。

■婚姻に関する法律問題
婚姻に関する法律問題は、大きく「結婚」と「離婚」の場面に分けることができます。
結婚に関する法律問題の代表例は、婚約の不履行ですが、それによって精神的に大きなダメージを受けるだけでなく、その後の生活設計にも大きな影響を受けます。
離婚に関する法律問題の代表例は、配偶者の不貞行為による離婚慰謝料の請求や、財産分与の請求、婚姻費用分担請求などがありますが、やはり精神的なダメージを伴う問題で、その後の生活設計にも大きな影響を受けます。
結婚や離婚は、人生の大きな転換点であるため、しっかりと法的な検討を行ったうえで対応することが望ましいでしょう。

■子どもに関する法律問題
子どもに関する法律問題には、子どもの認知の問題や、養育費の問題、親権者の問題などがあります。
認知の問題とは、結婚していない男女の間に生まれた子どもについて、父親に戸籍上の親子関係を認めさせることをさします。
逆に、戸籍上親子関係があるなかで、実の親子ではないということを主張する嫡出否認や親子関係不存在の確認などの問題もあります。
養育費は、子どもが健全に成長するために必要な費用ですが、支払いがストップしてしまうケースが多いため、公正証書を作成するなど工夫が必要です。親権者は、離婚の際には必ずどちらか一方に定めなければならないため、双方の実家も巻き込んで争いが先鋭化することも多い問題です。

よく検索されるキーワードKEYWORD