中野すずらん法律事務所 > 家族 > 離婚の話し合いで相手が弁護士を立てた場合の対処法

離婚の話し合いで相手が弁護士を立てた場合の対処法

 夫婦間で離婚の話し合いを進めるなかで、夫婦の一方又は双方が弁護士を立てて話し合いに臨むことは珍しくありません。

 しかし、自身が弁護士を立てていないのにもかかわらず相手が弁護士を立てたといった場合では、今後の話し合いの進行に関して不安に思われる方も多いのではないでしょうか。

 本稿では、離婚の話し合いで相手が弁護士を立てた場合の対処法について詳しく解説いたします。

相手が弁護士を立てることによって生じる影響

 弁護士は法律の専門家であるため、当然のことながら一般の人々よりも豊富な法律知識を有しています。

 また、弁護士は依頼者の代理人として契約締結の場面や話し合いの場面で交渉を行う役割も担う職業であることから、交渉に関しても一般の人々よりも豊富な経験と知識を有しています。

 ちなみに、弁護士は、中立的な立場で双方の利害を調整するのではなく、依頼者の利益を優先して活動します。

 そのため、離婚の話し合いを進めている中で相手が弁護士を立ててきた場合、こちらが弁護士を立てずに相手の弁護士に任せて進めると、慰謝料や財産分与などに関して、相手に有利な条件で話し合いが進んでしまう可能性が高くなると予想されます。

相手が弁護士を立てた場合の対処法

 離婚の話し合いで相手が弁護士を立てた場合の一番の対処法は、こちらも信頼のできる弁護士を立てることです。

 双方が弁護士を立てて話し合いを行う場合には、いわば専門家同士の話し合いとなるため、対等に話し合いを進めることが可能となります。

 また、慰謝料や養育費等の相場感や過去の判例等の知識がある弁護士同士が話し合いを進めることにより、迅速・適切に合意を形成することができます。

 こちらが弁護士を立てるまでの間に相手の弁護士から連絡があった場合には、ご自身で対応するのではなく、まずは離婚問題に精通した弁護士に今後の対応について相談をされることをおすすめいたします。

離婚に関する問題でお困りの方は、中野すずらん法律事務所にご相談ください

 本稿では離婚の話し合いで相手が弁護士を立てた場合の対処法について解説していきました。

 中野すずらん法律事務所では、離婚問題に詳しい弁護士が在籍しています。

 お困りの方はお気軽に一度ご相談ください。

よく検索されるキーワードKEYWORD