労働に関する基礎知識や事例

労働問題には、不当解雇、残業代の未払い、パワハラ、セクハラ、労災など様々なものがあります。
労働者は労働基準法などの労働法によって保護されていますから、これらの問題に際して弁護士にご依頼いただければ解決できる場合が多々あります。
一方、このような労働問題に際しては、職場での人間関係などを悪化させたくないなどの思いから、なかなか思い切った行動に移せないことが多いのが実情です。労働問題は、単なる法律問題にとどまらず、「生きがい」や「人生そのもの」にかかわる繊細な側面もあります。そのため、労働者の皆様のご心痛やご要望を丁寧に聴くことで、最適な解決方法をご提案することを目指しております。たとえば、代理人として相手方の会社と交渉をすることや、労働審判、訴訟など法的手続きをとるなど、労働者の皆様と二人三脚で弁護士が取り組みます。
中野すずらん法律事務所では日本労働弁護団や過労死弁護団に所属し、労働問題に精通した弁護士が在籍しておりますので、安心してご相談いただけます。労働問題でお困りの際はお気軽に当事務所までご相談下さい。

よく検索されるキーワードKEYWORD