中野すずらん法律事務所 > 労働 > 不当解雇・退職勧奨

不当解雇・退職勧奨

会社の一存で従業員を自由に解雇することはできません。たとえば、会社が従業員を解雇する際には、雇用期間の定めのない場合には解雇30日前までの予告または30日分以上の平均賃金の支払いが必要です。そして解雇権濫用の法理から客観的に合理的な理由を欠き社会通念上相当ではないといえるような解雇は無効となります。一例として従業員が妊娠したことや病気であることなどを理由として解雇することは原則として合理的な理由であるとは言えず不当解雇(解雇無効)にあたります。
また、懲戒解雇であれば30日前の予告などはなくとも従業員を解雇することが可能ですが、解雇は就業規則に基づいたものでなければなりませんし、合理的な理由を欠く解雇は前述と同様に無効になります。
このように労働者は労働契約法など様々な法律によって保護されていますから、特に思い当たるような理由なく解雇されたような場合には不当な解雇である可能性が高いといえます。
不当解雇や退職勧奨でお悩みの際はぜひ一度中野すずらん法律事務所までご相談ください。

 

中野すずらん法律事務所では、中野区、杉並区、練馬区、西東京市を中心に東京、埼玉、神奈川、千葉にて相続、労働問題、離婚、不動産、交通事故、借金問題など様々な案件を幅広く取り扱っております。上記のような法律問題でお悩みの方はお気軽に当事務所までご相談ください。

よく検索されるキーワードKEYWORD