中野すずらん法律事務所 > 医療 > 病院側の医療過誤対応

病院側の医療過誤対応

医療過誤とは、医療の場において発生する事故のうち、その発生原因について医療機関・医療従事者側に過失があるものをいいます。医療過誤が起きると、患者から医療機関に対する損害賠償請求がなされるおそれがあります。
医療過誤においては、事後的な対応をいかにするかが大変重要になります。

 

■患者さんに対する初期対応
患者さんやその家族との信頼関係が維持できることが、スムーズな解決にとって重要な要素となります。感情的になったり、曖昧な回答に終始したりすると、信頼関係が破壊され、紛争がもつれやすくなるといえます。相手の話をよく聞き、事実関係を確かめながら、適切な対応をとらなければいけません。


■法的にとらなければならない対応
例えば、患者さんが死亡または重篤な障害が発生した場合、警察署に届け出をしなければならなりません。


■患者さんや患者側弁護士との交渉
紛争の解決に向けて、患者さん側やその代理人と交渉をすることになります。この段階になると、法的な知識や医療過誤に関する判例を熟知した弁護士がサポートを受ける必要性が高まるといえます。
主な争点は、注意義務(医療水準にかなった医療行為を提供していたか)、説明義務(医療行為の内容や副作用について説明を果たしたか)、因果関係(医療行為と患者さんに生じている結果との間に関連性があるのか)などですが、その検討には、医学的知見と法的知識の両方が求められます。

 

中野すずらん法律事務所では、医療過誤のご相談を承っております。
中野区、杉並区、練馬区、西東京市を中心として、東京、埼玉、神奈川、千葉の相続、労働問題、離婚、不動産、交通事故、借金の問題を取り扱っております。相談者様に寄り添い、親身になって対応させていただきます。お困りの際はぜひ当事務所にご連絡ください。

よく検索されるキーワードKEYWORD