中野すずらん法律事務所 > 医療 > 病院経営のアドバイス

病院経営のアドバイス

病院(医療法人、個人病院)を経営するにあたっては、医療法、医師法、個人情報保護法など種々の法的な制約が伴います。どのような法的規制があるのかをしっかりと認識した上で、適切な経営をする必要があります。また、法的なトラブルのリスクを回避するような経営ができるのが理想であるといえるでしょう。実際にトラブルが起きてしまった場合においても、冷静に対応することが求められます。

 

このような健全な病院経営を実現するためには、弁護士のサポートを受けるのが効果的です。

 

ここでは、病院経営にあたって弁護士のサポートを受けることのメリットを見ていきます。
■病院の内実を把握した弁護士からのアドバイスを受けられる
同じ弁護士による継続的なサポートを受けると、その弁護士からのアドバイスは、病院の内実を前提とした、より適切なものになるでしょう。

 

■日常的に法的なリスクを意識した経営が可能
日頃から弁護士から法的なアドバイスを受けることができれば、病院用地の賃貸借契約、医療機器のリース契約、スタッフとの間の労働契約など個々の契約について、法的なリスクを考慮した上で慎重に進めることが可能となったり、病院に課せられた法的規制についてこれに違反することのないように経営することが可能となったりします。
特に、2017(平成29)年の医療法改正により医療機関のウェブサイト等における広告も規制の対象となったため、ウェブサイトを開設する際には注意が必要です。

 

■病院における法的なトラブルに対する迅速かつ適切な対応が可能
患者さんからクレームが入った場合、医療過誤が疑われる事件が発生した場合、捜査機関から患者さんの医療情報の照会が入った場合など、迅速な対応が求められることがあります。そのような場合、弁護士のサポートを受けることで、迅速かつ適切に対応することが可能です。

 

中野すずらん法律事務所では、病院経営に関するご相談を承っております。
中野区、杉並区、練馬区、西東京市を中心として、東京、埼玉、神奈川、千葉の相続、労働問題、離婚、不動産、交通事故、借金の問題を取り扱っております。相談者様に寄り添い、親身になって対応させていただきます。お困りの際はぜひ当事務所にご連絡ください。

よく検索されるキーワードKEYWORD