その他に関する基礎知識や事例

2011(平成23)年3月11日に、原子力発電所の事故が発生し、多大な被害が発生しました。
未だその被害に苦しんでおられる方も多く、損害を被っておられる方もいらっしゃいます。そのため、損害賠償請求をするということが考えられますが、その方法はいくつか存在します。例えば、直接に請求する方法や、仲介機関に和解の仲介をしてもらう方法、訴訟を提起する方法があります。
また、かつてアスベストによる健康被害が起きたことがありました。
この件については、工場で働いていたケースでは既に最高裁判例が出されており、国の賠償責任が認定されています。これにより、訴訟を提起すれば、一定の要件を満たす場合には国と和解し、損害賠償の支払いを受けられることになっています。また、現在建設業に従事していた方のアスベスト被害については国とメーカーを相手に訴訟を起こしており、国に対しては一人親方を含め勝訴判決が出されています

中野すずらん法律事務所は、相続や不動産など様々な法律問題について幅広くご相談を承っております。お困りの方は、中野すずらん法律事務所までお気軽にご相談ください。

よく検索されるキーワードKEYWORD