中小企業に関する基礎知識や事例

会社という組織は、その成り立ちから事業活動にいたるまで、あらゆる場面で法律が関係しています。これは、大企業だけでなく、中小企業にも当てはまります。

■よくある企業の法律トラブル
企業の法律トラブルとして多いものは、債権回収に関するトラブルや、契約書に関するトラブルです。
売掛金を未払いの取引先に対する債権回収は、単独の問題ではなく、会社の事業継続に関わる問題であり、決して軽視することはできません。催促をしても支払いを受けられないようなら、法的な手段を取ることも必要です。
また、契約書は、取引の証拠として重要な存在です。
民法が大きく変わり、契約書の見直しを図っている企業も多くありますが、見直してみると改正に関係なく事業の実態に即していないというケースが見受けられます。取引の内容に合わせて適切な契約書を利用することで、契約トラブルを未然に防ぎ、万が一の際にも有力な証拠とすることができます。

このほか、株式に関する問題や経営悪化に関する問題もあります。
株主総会や取締役会を適切に運営することが、ステークホルダーの信用につながります。
経営悪化した際に、民事再生や破産の手続きなどを検討し、どの方法が適切なのか判断していくことになります。

このように、企業の法的トラブルはさまざまですが、会社の問題は、従業員、取引先など多くの人や組織に影響を及ぼします。特に、中小企業の問題では、親族間など人間関係のトラブルが法的トラブルとして顕在化することがあります。

中野すずらん法律事務所は、企業法務に関する法律問題について幅広くご相談を承っております。
企業法務に関する問題でお悩みの方は、中野すずらん法律事務所までお気軽にご相談ください。

よく検索されるキーワードKEYWORD