中野すずらん法律事務所 > 相続 > 遺産分割協議

遺産分割協議

相続に際しては、遺言がない場合や、遺言があっても財産の帰属割合が具体的に確定されていない場合は、遺産分割協議によって各相続人の遺産の帰属を最終的に確定する必要があります。
遺産分割協議においては、親族間で紛争が発生してしまい、それをきっかけとして相続後も親族間の仲が悪くなってしまうことがよくあります。
また、遺産分割協議においては相続人全員の合意が必要ですから、遺産分割協議が紛糾し、合意に至らないような場合には、相続が困難となってしまう恐れもあります。
そのほか、生前に贈与を受けていた人がいる場合や(特別受益といいます)、生前に援助をしていた人がいる場合(寄与分といいます)など、複雑な調整が必要となる場合があります。
遺産分割協議の際に弁護士にご依頼いただけましたら、弁護士が代理人として交渉を行うことが可能です。さらには、相続人調査、相続財産調査、遺産分割協議書の作成など相続の際に必要となる様々な手続きを一括して弁護士に任せることが可能です。
遺産分割協議が紛糾するなどしてお困りの際は、一度弁護士に相談されることをおすすめいたします。

 

中野すずらん法律事務所では、中野区、杉並区、練馬区、西東京市を中心に東京、埼玉、神奈川、千葉にて相続、労働問題、離婚、不動産、交通事故、借金問題など様々な案件を幅広く取り扱っております。上記のような法律問題でお悩みの方はお気軽に当事務所までご相談ください。

よく検索されるキーワードKEYWORD