交通事故に関する基礎知識や事例

日本ではおよそ1分に1件の割合で交通事故が発生しているともいわれており、交通事故は身近に潜んでいる危険なものです。

■交通事故の3つの種類
交通事故は、その形態から3つの種類に分類されます。

①物損事故
物損事故は、自動車や家の塀など何かのモノに被害があった交通事故をさします。人が怪我をしていない事故は物損事故に該当します。
物損事故においては、不法行為の損害賠償として、加害者(運転者)に対して損害賠償請求することになります。

②人身事故
人身事故は、人が負傷する被害を受けた交通事故をさします。被害者は、入院や通院に要した治療費のほか、入院や通院の日数に応じて入通院慰謝料を請求することができます。なお、慰謝料とは、精神的な損害についての損害賠償金のことで、人身事故と死亡事故では請求できますが、物損事故では原則として請求が認められていません。

③死亡事故
死亡事故は、人が亡くなられた交通事故をさします。被害者本人は亡くなられているので、遺族(相続人)の方が加害者に対して損害賠償請求を行うことになります。死亡事故では、葬儀費や遺族に対する慰謝料などを請求することが認められています。

■損害賠償請求の方法
損害賠償請求は民事上の問題ですが、請求の方法がいくつかあります。
一般的なのは、金額を話し合い合意する示談交渉です。近年は保険会社との示談交渉が多くなっており、一般の方が対応するのが難しくなっています。示談交渉以外には、民事調停や訴訟といった法的手段があります。

交通事故に関する問題でお悩みの方は、中野すずらん法律事務所までお気軽にご相談ください。

よく検索されるキーワードKEYWORD