自転車事故

「繁華街で、通りすがりの自転車にぶつかられてしまった。その場で謝られて終わったが、首の痛みが消えない。治療費を請求できないものだろうか。」
「住宅街を歩いているとき、スピードを出した自転車と衝突した。頭を強く打ち入院しているが、相手は保険に入っていないらしい。入院費が支払われるか不安だ。」
日本において、交通事故はおよそ1分に1件の割合で発生しているといわれていますが、近年特に、自転車による交通事故が多く発生しています。
多くの方が自転車事故の被害に遭い、悩んでいらっしゃるのです。

 

■自転車による交通事故の例
交通事故ときくと、多くの方が自動車やバイクなどの乗り物による事故をイメージされます。
しかし、免許がないとはいえ、自転車も乗り物であり、場合によっては重大な交通事故を引き起こす可能性があるのです。

 

例えば、急な坂道を下っている自転車は徐々に加速していきますが、ほとんどの自転車は高速走行時に適したブレーキがなく、スピードの出ている自転車を止めるには時間がかかります。また、ブレーキを力強く一気にかけると、タイヤがロックされ、自転車の運転者自身が投げ出され大けがをしてしまう可能性もあり、急ブレーキをかけることに対して恐怖を覚える場合もあります。
このような状況においては、歩行者を認識しても自転車が停止できず、重大な事故につながってしまう可能性が高いといえます。
実際、未成年の学生が運転する自転車が高速で歩行者と衝突し、歩行者は意識不明の重体に陥ってしまった事故が発生しています。

 

歩行者に対しても、自転車による事故について注意喚起がなされつつありますが、自動車やバイクと異なり、エンジン音がなく接近音が小さいため、接触の直前まで自転車に気が付かないケースも多くあります。

 

■自転車事故における過失割合
自転車は法的には軽車両に分類されます。
自転車と自動車やバイクとの事故であれば、自転車が交通弱者として過失割合が低く算定されますが、自転車と歩行者との事故では、当然歩行者の方が交通弱者となり、自転車の過失割合が高くなります。
また、自転車の運転には免許が不要であるとはいえ、自転車が交通法規を破っていいわけではありません。
自転車が交通ルールを守っていなければ、過失割合にも反映されることとなります。

 

■自転車事故における損害賠償請求
現在、自動車の任意保険に加入される方の比率は高くなってきています。
一方で、保険会社が提供している自転車の任意保険に加入される方の比率は、徐々に増加しつつありますが、まだ高いとはいえません。
そのため、自転車によって重大な交通事故が引き起こされたとしても、加害者に損害賠償を支払う経済力がなく、示談交渉をしても被害者の補償が十分に行われないというケースが多くあります。
損害賠償額を算定のうえ、長期的・継続的に支払いを受けるなど、自転車事故特有の対応を検討する必要があります。

 

中野すずらん法律事務所は、東京都中野区新井を拠点として、杉並区、練馬区、西東京市など、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県で広くご相談を承っております。
交通事故に関する問題をはじめとして、家族に関する問題、中小企業の企業法務に関する問題、労働問題、相続問題、借金問題、マンションを含めた不動産問題、医療過誤問題、刑事事件など、幅広い法律トラブルのご相談に対応しております。
豊富な知識と経験から、ご相談者様に最適なご提案をさせていただきます。
交通事故問題でお悩みの方は、中野すずらん法律事務所までどうぞお気軽にご相談ください。

よく検索されるキーワードKEYWORD