中野すずらん法律事務所 > 離婚に関するキーワード > 離婚 相手が弁護士を立てた

離婚 相手が弁護士を立てた

  • 離婚の話し合いで相手が弁護士を立てた場合の対処法

     夫婦間で離婚の話し合いを進めるなかで、夫婦の一方又は双方が弁護士を立てて話し合いに臨むことは珍しくありません。 しかし、自身が弁護士を立てていないのにもかかわらず相手が弁護士を立てたといった場合では、今後の話し合いの進行に関して不安に思われる方も多いのではないでしょうか。 本稿では、離婚の話し合いで相手が弁護士...

  • 離婚・金銭請求

    離婚したいが、相手が応じてくれるか分からない。「離婚できたとしても、生活できるか心配だ。「相手からひどいモラハラを受けたので、慰謝料を請求したい。 このように、離婚を考えたとき、どうやって離婚を成立させるか、金銭的な補償は受けられるかという点が頭をよぎると思います。 そこで、以下、離婚の方法、慰謝料、財産分与、...

  • 親権・養育費・面会交流

    離婚することはやむを得ないが、子どもは引き取って育てたい。「離婚のときに養育費はなし崩し的に◯万円と決めたが、子どもの受験でお金がかかる。「別れた相手から面会交流を拒否されているので、もう養育費を払いたくない。 このように、子どもの問題を考えたとき、お金の観点や、教育・日常生活の観点から、様々な不安が頭をよぎる...

  • DV(家庭内暴力)を理由に離婚する方法

     身の安全を確保した後には、離婚調停など家庭裁判所の手続きをとることになります。その際、弁護士を代理人とすることで、相手と直接やり取りすることなく手続きを進めることができます。また、家庭裁判所でも相手と顔を合わせないように工夫することもできます。DV被害の「証拠」も必要となりますので、家庭裁判所の実務に精通した弁...

  • 離婚時の親権の決め方|専業主婦や父親でも親権を得ることはできる?

    ところが、未成年の子どもがいる場合、離婚するためには、必ずどちらか一方を親権者として定めならないため、どちらが親権を取得するかについて揉めてしまうケースは少なくありません。 この場合、まずは当事者の話し合いで、夫婦のどちらか片方を親権者と決めることになりますが、どうしても決めることができないときは、離婚調停を申し...

よく検索されるキーワードKEYWORD