中野すずらん法律事務所 > 弁護士紹介 - 鳥飼 康二

弁護士 鳥飼 康二(トリカイ コウジ)

鳥飼康二弁護士の写真

経歴

千葉県柏市出身京都大学農学部卒業、同農学研究科修了(応用生命科学)「食品成分のがん予防効果について研究していました」日本たばこ産業株式会社勤務(中央研究所)「たばこの煙中化学物質について研究していました」一橋大学法科大学院修了東京弁護士会(2011年~)

主な取扱分野

〈個人の方向け〉

  • 民事…不動産トラブル、金銭トラブル、名誉毀損、交通事故、医療現場・介護現場・学校現場のトラブルなど
  • 家事…モラハラ、離婚、養育費、婚約不履行、認知、遺言書作成、遺産分割、成年後見、外国人の家事事件など
  • 労働…パワハラ、セクハラ、発達障害の方の支援、労災(特に精神疾患)、未払い残業代、不当解雇など
  • 刑事…逮捕されたときの対応(捜査段階の弁護)、起訴されたときの対応(公判段階の弁護)、犯罪被害に遭われた方の支援(刑事告訴など)

〈企業の方向け〉

  • 未払い債権の回収…財産調査、任意交渉、仮差押え、強制執行など
  • 契約書や約款の作成とチェック…法的トラブルを予防するためのお手伝い
  • 就業規則の作成…会社規模や働き方に即してオーダーメイドで作成
  • 契約トラブルの対応…クレーム対応、契約書が無い場合の争いなど
  • ビジネスサポート(法律顧問)…皆さまのビジネスがスムーズに進みますように、きめ細やかなアドバイスを迅速に提供いたします。

〈私の特色〉

  • 理系の知識や経験を活かして、科学的・技術的な内容が争点となる事件も扱います。
  • カウンセラーの技能を活かして、ご相談や相手との交渉を円滑に進めます(詳しくは後記)。
  • フットワークが軽いので、どこでも出向きます。
  • 外国人の方のご依頼でも、英語で対応致します(If you are non-Japanese, I would provide legal services in English.)。

取組事件

〈民事分野〉

  • 賃貸借契約…無断改築や迷惑行為を繰り返す借主に対して、契約解除を前提とする和解を成立させました。
  • 立退き…再開発業者から店舗賃借人が立退きを求められた裁判において、立退きを認めない勝訴判決を得ました。
  • 交通事故…自動車と自転車の交通事故の裁判において、保険会社が当初提示した金額の約1.8倍の賠償を命じる判決を勝ち取りました。
  • 中小企業トラブル…ゲーム開発の請負代金を一切支払わない元請業者に対する裁判において、契約書が一切存在しない中、様々な情況証拠を提出して、請求額の8割近い支払いを命じる判決を勝ち取りました。
  • 高齢者問題…高齢者の財産を使い込んだ親族に対して、損害賠償を命じる判決を勝ち取りました。
  • 福島原発事故の避難生活を苦に自死された遺族の裁判において、東京電力に対し約4900万円の支払いを命じる判決を勝ち取りました。判例雑誌にも掲載されています(判例時報2237号78頁)。

〈家事分野〉

  • 離婚…妻側、夫側、双方の事案を多数扱っており、状況に応じて、交渉、調停、裁判など最適な方法をご提案します。
  • 婚約不履行…独身と偽って結婚の約束をした相手に対する慰謝料請求訴訟において、約200万円の支払いを命じる判決を勝ち取りました(刑事告訴も行い、強制捜査が行われました)。
  • 面会交流…円滑に面会交流するためのサポート(日時調整の取次ぎ、面会現場への立ち合い)も行っています。
  • 認知…DNA鑑定を実施し、裁判で、父親であることや養育費支払いを認めさせました。
  • 遺言…相続トラブルにならないために遺言作成(公正証書)の支援をしています。また、不自然な遺言が無効であることを確認する裁判も扱いました。
  • 遺産分割…親族による使い込み、生前の財産贈与(特別受益)、生前に様々なお世話をしたいこと(寄与分)などの争点を扱いました。
  • 成年後見…高齢者の方を定期的に訪問したり(ホームロイヤー)、財産管理が困難になった場合に成年後見人を務めています。
  • ハーグ条約…国際間の子どもの引き渡し請求裁判において、子どもの意思を尊重して、引き渡しを拒否できる(日本で居住できる)との決定を勝ち取りました。

〈労働分野〉

  • 解雇…経営悪化を理由に解雇された労働者の労働審判において、解雇無効を前提として給与6ヵ月相当の解決金を支払わせる内容の和解を勝ち取りました。
  • 不当請求…長時間労働を強いられ、トラック修理代の負担を求められた運転手の裁判において、修理代を負担する義務はなくむしろ給与6ヵ月相当の解決金を支払わせる内容の和解を勝ち取りました。
  • 内定取消し…中途採用の内定を取り消された労働者の裁判において、給与予定額4ヵ月相当の解決金を支払わせる内容の和解を勝ち取りました。
  • 労災…作業場内の転倒事故について、会社側が労働者側の過失などを主張して損害を争った裁判において、約600万円の解決金を支払わせる内容の和解を勝ち取りました。
  • パワハラ…上司からのパワハラによって退職に追い込まれた労働者の裁判において、パワハラを前提に給与6ヵ月相当の解決金を支払わせる内容の和解を勝ち取りました。
  • 残業代…飲食店店長に対して、管理監督者として扱われたため残業代が一切支払われていない事例について、勝訴判決を得ました。判例雑誌にも掲載されています(労働判例1158号76頁)。

仕事へのおもい

〈カウンセラーとして〉

2016年に、カウンセラーの資格を取りました。弁護士の仕事は、法律問題の解決と同じくらい、気持ちや感情の整理のお手伝いをすることが大事だと感じたからです。身近な人に相談しても、「あなたにも原因があるんじゃないの?」などと言われ、余計に傷ついたことはないでしょうか。他人にわかってもらえない辛さや悔しさを抱えたことはないでしょうか。ようやく法律事務所に辿り着いても、相談の最中に、過去の辛い経験を思い出してしまうことはないでしょうか。そのようなとき、気持ちや感情の整理ができるよう二人三脚で問題へ取り組んでいけたら、と考えています。そんなこといっても、「私の気持ちなんて誰にもわからない!」と思うときもあるでしょう。確かに、ご本人と同じ気持ちになることはできません。ただ、他人であっても、ご本人の気持ちを理解しようと努力することはできます。私は、そんな努力を心がけていきたいです。

〈組織問題の支援〉

職場など組織の問題は、人間関係や感情のもつれが主な原因です。何かトラブルが起きた場合、当事者や上司だけでは、なかなか上手く解決しないことも多いでしょう。そのような場合、第三者(弁護士・産業カウンセラー)として、問題解決のお手伝いをさせていただきます。

〈ハラスメントでお悩みの方へ〉

職場でのパワーハラスメント、家庭でのモラルハラスメント、大学でのアカデミックハラスメントのご相談を受けるとき、法律だけでは解決が難しいと感じることが多々あります。まず、ハラスメントの加害者が、「確かに○〇と言いました」と素直に認めることはほとんどありません。そのため、証拠がないと、裁判で勝つことは困難です。また、証拠も揃っていて、裁判に勝ったとしても、裁判で認められる慰謝料は、被害者の方がびっくりするくらい低い金額です。そして、嫌がらせは益々巧妙になるかもしれませんし、精神的に同じ場所に居続けることが難しくなるかもしれません。悪いのは加害者なのに、とても理不尽な結果です。時間だけが経過して、虚しさだけが残るかもしれません。このような場面に直面すると、弁護士としてとても力不足を感じます。一方、カウンセラーとして、ハラスメント事例について、お手伝いできることがあります。それは、「自分を守る方法を身に着ける」ということです。有名な心理学者の格言で「過去と他人は変えられない。しかし、今ここから始まる未来と自分は変えられる。」という意味深い言葉があります。もちろん、悪いのは加害者ですが、加害者(=他人)を変えることは簡単ではありません。また、ハラスメントを受けた事実(=過去)も変えることはできません。そこで、発想を少し転換して「自分を変えてみる」「上手な対処法を見つけてみる」のです。つまり、ハラスメントを受けても、トレーニングによって「折れない心」を持つことができれば、ストレスをなるべく感じずに、力強く生きることができます。具体的なトレーニングは、自分の言いたいことを適切な方法で伝えるトレーニング(アサーション)や、ネガティブ思考になってしまいがちな受け止め方(認知のクセ)を修正するトレーニング、などです。以上のように、ハラスメントでお悩みの方に対しては、法律的視点だけでなく、カウンセリング的視点からのアドバイスもご案内できればと考えています。

〈発達障害の方の支援〉

最近、発達障害の方の支援に取り組んでいます。2019年11月に、「事例で学ぶ発達障害の法律トラブルQ&A」(ぶどう社)との書籍を執筆し、関連する内容の講演会を何度か開いております。書籍や講演会のコンセプトは、職場、学校、日常生活について、発達障害の人が巻き込まれてしまいやすいトラブルを事例として紹介して、法律の視点から、なるべく分かりやすく解説を加える、というものです。法律の視点からすべて解決できるわけではありませんが、医療や福祉を含めた様々なアプローチ(ヒント)のひとつになれば、という思いがあります。本書は、発達障害の当事者や家族の方だけでなく、企業の人事労務担当者の方からも反響をいただいています。職場でどのように合理的配慮を提供するのか、各企業、各職場は手探りで取り組んでいると思います。その際、真面目に取り組んでいる企業では、厚労省が公表している「合理的配慮指針事例集」などを参照して、専任担当者を決めたり、マニュアルを作成したりしていることでしょう。それ自体は悪いことではないのですが、「発達障害の人とどのように向き合うか」という根本的な姿勢を決めておかないと、専任担当者にすべてお任せしたり、マニュアルを過度に重視したり、ひいては「腫れ物」のように扱うことになりかねません。「腫れ物」のように扱うことは、相手を一人前として認めていない(尊重していない)ことの裏返しでしょう。大事なことは、「会社側も出来ることを努力するから、あなたも一緒に出来ることを努力しましょう」という双方向的な姿勢を確立することだと考えます。

鳥飼康二弁護士の写真

講師活動

事例形式やクイズ形式で、「参加しやすい」「眠くならない」「生活の役に立つ」を目指して講演しています。また、法律の観点だけでなく、産業カウンセラーとしての観点(コミュニケーションの観点)も取り入れています。事業所など出張して講演を致しますので、内容や費用などお気軽にお問合せください。

  • 「安心できる老後の備え」…遺言書の書き方、遺産争いの事例、成年後見など
  • 「職場におけるパワハラ対応」…法律の視点、コミュニケーションの視点から
  • 「発達障害の法律トラブル」…職場、学校、私生活の事例
  • 「精神障害者の方が遭遇する法律トラブル」…私生活、職場、病院内の事例
  • 「仕事に役立つコミュニケーションスキルアップ講座」
  • 「身近な事故」…交通事故、学校事故、介護事故など
  • 「医療現場、介護現場におけるクレーム対応」
  • 「消費者被害」…訪問販売、クーリングオフ、振り込め詐欺など
  • 「借地と借家の法律問題」…地代、更新料、立退き、原状回復など
  • 「本当は怖い著作権」…勉強会、講師活動、レジュメ作成やスライド作成などで注意すべき点
  • 「身近な憲法」…日本国憲法の成り立ち、身近な憲法事例など

著書、所属団体など

  • 資格…産業カウンセラー(一般社団法人日本産業カウンセラー協会)(現在も産業カウンセラーの上位資格を目指して勉強を続けています。)
  • 所属団体…日本薬学会、日本癌学会、日本労働弁護団、自由法曹団など
  • 主著「事例で学ぶ発達障害の法律トラブルQ&A」ぶどう社、2019年「放射線被ばくに対する不安の心理学」環境と公害44巻4号31-38頁「たばこ煙中成分の前駆体研究」Food and Chemical Toxicology, 2005, 43, 559-568「たばこ煙中成分の発生条件研究」Food and Chemical Toxicology, 2004, 42, 1409-17
  • 共著「食品成分の炎症、発がん等への影響」Agric Food Chem., 2001, 49, 5674-8Biosci Biotechnol Biochem., 2000, 64, 1909-14Biosci Biotechnol Biochem., 2000, 64, 2504-7Cancer Res., 1998, 58, 4832-9Cancer Res., 2000, 60, 5059-66Carcinogenesis, 2000, 21, 1899-907Cancer Lett., 1999, 140, 37-45Free Radic Biol Med., 2001, 30, 967-78Free Radic Biol Med., 2003, 35, 997-1007J Biol Chem., 2002, 277, 2687-94

趣味

30歳を過ぎてから、健康作りのために、ジョギングをはじめました。せっかくだから大会に出てみようと思い、10キロのマラソン大会に出場し、完走しました。その後、ハーフマラソン、30キロマラソン(青梅マラソン)を完走し、2012年から、フルマラソンに出場・完走しています(湘南国際マラソン、横浜マラソン、霞ケ浦マラソンなど:自己ベスト3時間36分)。健康作りではじめたジョギングですが、今ではすっかり趣味となってしまいました。ジョギングをしながら、煮詰まっている仕事や課題を考えていると、フッと良いアイデアが浮かぶことがあります(きっと、脳内の血流が良くなるからでしょう)。夕陽を見ながら多摩川の土手沿いを走るときが一番の贅沢な時間です。

よく検索されるキーワードKEYWORD