中野すずらん法律事務所 > 高齢者 > 成年後見制度・財産管理契約

成年後見制度・財産管理契約

高齢者の方が認知症や精神上の障害によって財産の管理が困難となった場合には、成年後見制度や家族信託制度を利用することが考えられます。
成年後見人は、家庭裁判所の監督のもとで、本人の財産管理に関して代理権を有するとともに、本人が不本意で契約してしまった場合に取消権を有することになりますから、財産の管理が困難となってしまった高齢者の方に代わって財産の管理をすることが可能になります。
このように、成年後見人には、広範な代理権が付与されますから法律の専門家である弁護士に就任を依頼することが望ましいです。
家族信託制度は、契約によって(家庭裁判所は関与せず)、高齢者の方が特定の財産の管理を他の家族などに任せるものです。
どちらの制度にも、メリット、デメリットがありますので、弁護士は、皆様のご事情やご要望を踏まえて、最適な方法をご提案いたします。

 

中野すずらん法律事務所では、中野区、杉並区、練馬区、西東京市を中心に東京、埼玉、神奈川、千葉にて相続、労働問題、離婚、不動産、交通事故、借金問題など様々な案件を幅広く取り扱っております。上記のような法律問題でお悩みの方はお気軽に当事務所までご相談ください。

よく検索されるキーワードKEYWORD