中野すずらん法律事務所 > 交通事故 > 物損事故から人身事故への切り替え|どんな違いがある?

物損事故から人身事故への切り替え|どんな違いがある?

 交通事故には大きく分けて物損事故と人身事故の2種類があります。

 本稿では、物損事故と人身事故の違いや、物損事故から人身事故への切り替え手続きの流れについて詳しく解説いたします。

物損事故と人身事故

 物損事故とは、交通事故によって発生した損害が物的損害(車が壊れた等)に限られる場合の事故のことをいいます。

 物損事故の場合、加害者は当て逃げをした場合以外は刑事処分や行政処分を受けることはありません。

 これに対して、交通事故によって相手に身体的損害(骨折や打撲など)や精神的損害(事故のショックでPTSDなど)が発生した場合には人身事故となります。

 人身事故の場合、通常物損事故よりも高額な損害賠償額となり、加害者は刑事処分や行政処分を受けることとなります。

物損事故から人身事故への切り替えが必要な場合

 通常、事故直後に被害者が身体の異変を訴えていない場合には、ひとまず物損事故として手続きが進められることとなります。

 しかし交通事故においては、事故直後は感じていなかった痛みや違和感が事故から数日経った後に現れてくる場合が少なくありません。

 このような場合で、かつ、被害者が加害者に対して通院費や入院費、慰謝料等を請求したいと考える場合には、物損事故から人身事故への切り替えを行うことが必要となります。

 なお、物損事故から人身事故への切り替えは、一般的に事故日から1週間から10日が経過すると困難であるといわれています。

 そのため、少しでも身体の異変を感じた場合にはなるべく早く病院を受診することをおすすめいたします。

物損事故から人身事故への切り替え手続きの流れ

 物損事故から人身事故への切り替え手続きは以下の流れで行います。

 (1)病院で診断書を作成してもらう

 事故後、身体に異変を感じた場合にはなるべく早く病院を受診し、傷病が見つかった場合には医師に診断書を作成してもらいましょう。

 診断書には、事故日や初診日、傷病名、治療期間、交通事故による受傷との因果関係について具体的に記載してもらうようにしてください。

 (2)警察署へ診断書を提出する

 作成された診断書は警察署へ提出します。

 提出の際には必ず加害者と被害者双方の立ち合いが必要となります。

 (3)警察が事故捜査を行う

 警察が診断書を受領した後は、正式に事故捜査が行われることとなります。

 事故捜査では実況見分や当事者・目撃者等への事情聴取等が行われます。

 警察による事故捜査の結果、人身事故であると認定された場合には、物損事故から人身事故への切り替えが行われることとなります。

 (4)保険会社への連絡

 相手もしくは自身が加入している損害保険会社にも速やかに連絡して、人身事故になったことを伝えてください。

交通事故でお困りの方は、中野すずらん法律事務所にご相談ください

 本稿では物損事故から人身事故への切り替えについて解説していきました。

 中野すずらん法律事務所では、交通事故に詳しい弁護士が在籍しています。

 お困りの方はお気軽に一度ご相談ください。

よく検索されるキーワードKEYWORD