自動車事故

「追突事故の被害に遭い、首を痛めてしまった。どのように損害賠償請求の手続きを行っていけばよいのか分からず困っている。」
「示談交渉を進めているが、相手の提示額が適切な金額なのか判断できず、困っている。」
日本において、交通事故はおよそ1分に1件の割合で発生しているといわれています。
多くの方が交通事故の被害に遭い、悩んでいらっしゃるのです。

 

■交通事故の種類
交通事故には、その態様から3つの種類に分けることができます。
①物損事故
物損事故における損害賠償請求は、民法上の不法行為によるものとして行わなければなりません。したがって、被害者が、加害者に故意や過失があったことを立証しなければならないのです。物損事故は、被害者の方が現場に居合わせていないというケースも多く、当て逃げが行われることも多々あります。そうしたケースでは、加害者の捜査から始める必要があり、物損事故だからといって、損害賠償請求の手続きが容易であるとは限らないのです。

 

②人身事故
人身事故における怪我の程度はさまざまで、軽いかすり傷から後遺症が残ってしまうものまであります。そのため、人身事故における損害賠償額の幅も広いものとなっています。人身事故で損害賠償請求できるものとしては、入院費や通院費など怪我の治療費のほかに、病院までの交通費、入院や通院に要した日数に応じて支払われる入通院慰謝料などがあります。
なお、後遺症が後遺障害として等級認定を受けると、後遺障害についての慰謝料や逸失利益についても請求することが認められています。逸失利益とは、交通事故の被害に遭わなければ得られていたであろう将来の収入をさします。

 

③死亡事故
死亡事故では、被害者の方は亡くなられているため、遺族(相続人)の方が加害者に対して損害賠償請求を行うことになります。また、慰謝料については、亡くなられた被害者に対するもの(死亡慰謝料として2000万円~3000万円程度)、そして遺族の固有の慰謝料(100万円~200万円程度)を合わせて請求することが認められています。また、葬儀費や、被害者の逸失利益なども請求することが認められており、損害賠償額が高額になるケースが多いです。

 

このように、交通事故はその種類によって、損害賠償の項目や手続きに大きな違いがあります。
また、加害者の側から、被害者にも前方不注意など落ち度があった(過失相殺といいます)と主張されることも多く、その場合、事故現場の客観的状況、当事者の年齢、当事者の行動などから、過失割合が決められます(損害額がその分減額されます)。

 

精神的にも肉体的にも疲弊されている被害者の方が、損害賠償も行うということは、大きな負担となります。まして、過失相殺(あなたにも落ち度がある)と言われると、精神的に更に追い詰められてしまいます。
このような中で、弁護士は、交通事故の被害に遭われた方が安心できるようサポートを行っております。

 

中野すずらん法律事務所は、東京都中野区新井を拠点として、杉並区、練馬区、西東京市など、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県で広くご相談を承っております。
交通事故に関する問題をはじめとして、家族に関する問題、中小企業の企業法務に関する問題、労働問題、相続問題、借金問題、マンションを含めた不動産問題、医療過誤問題、刑事事件など、幅広い法律トラブルのご相談に対応しております。
豊富な知識と経験から、ご相談者様に最適なご提案をさせていただきます。
交通事故問題でお悩みの方は、中野すずらん法律事務所までどうぞお気軽にご相談ください。

よく検索されるキーワードKEYWORD